ナンバー2の来訪を経て。

ナンバー2より。

「この工場は危機感がない。ちょっと生産量も多くて原価も良いからと安心しきってる。
 生産量が今後も確保できる保証はない。いつだって海外にも他の工場にも持ってくぞ?」

ひたすら何度も何度も言われ続けました。
工場長も各課長も平謝り。

もう長くないんじゃないかな?wwww うちの工場www
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://imoa.blog27.fc2.com/tb.php/218-bf4ab2c4

社長の来訪を経て。 | BLOG TOP | 夏のよてひ